鉄棒などにぶら下がることで身長を伸ばすことができるの?

身長が低くて悩んだ日々

私は、昔から身長が低く、身長順に並ぶ際には前から二番目という事が多かったです。

何よりも嫌だったのはワンピースの丈の長さが合わない事です。

中学生くらいになるとミニワンピースが流行り、買おうと思うのですが身長の低い私はどうしても膝丈になってしまいました。

思春期で可愛い服が思うように着れないという悔しさがありました。

また、満員電車では通勤ラッシュのサラリーマンに押しつぶされる日々が続きました。

時には呼吸するのも一苦労なんて時もありました。

人の息が顔にかかり、とても不快な思いをする日々でした。

低いほうが可愛いと言われることもありましたが、普通の人が手に届く場所もなかなか届かずイライラすることが多かったです。

身長を改善するためにやったこと

鉄棒など、高いところにぶら下がっていると身長が伸びるという噂を聞いたことがあったので唯一、身長を伸ばすために、ぶら下がったりしたことはありました。

家の中ではなかなかできる場所がなかったので朝、犬の散歩をしながら公園により、その公園の鉄棒でなるべく長い時間足をつかずにぶら下がるのが日課でした。

2日に1回はやっていたと思います。

時間にすると1分〜3分程度だったと思います。

いざぶら下がっていると、背筋や腕の筋肉が伸びたような気がしてとても気持ちよく健康にもよさそうでした。

また、とても簡単な方法だったので特に痛みを感じる事もあまりなかったため、3か月程度続ける事ができました。

続けていると維持できる時間も長くなり、なんだか身長が伸びているような気がしました。

喜びは一瞬だけでした

ぶらさがる方法を試したことで、背筋が伸びたせいかこの方法をやった直後に身長を測ると確かに数ミリだけ伸びていました。

とても嬉しくて続けてみてはいたものの、やはり時間が経つとほぼ元の身長に戻っていました。

日によって数ミリの誤差はありましたが、平均してもおおよその身長が継続して伸びる事はありませんでした。

喜びはつかの間の一瞬というところでした。

おそらくぶら下がることによって一時的に骨格のゆがみなどが矯正されたものの、日々の生活の影響で元に戻ったのだと思います。

あの時、身長を高くするために少しでも工夫が出来ていたとするなら、カルシウムを併用して飲むことだったのかなと思います。

また、都市伝説に近いとは思いますがよく寝ることが大切だったのかな、と思います。

成長ホルモンは10時〜がたくさん出ると言われていたのでそれをしっかり守っていれば結果は変わっていたかもしれないと思います。

↑ PAGE TOP

サイトマップ