過度な筋トレは身長の伸びを妨げることもあるので注意

妹に抜かれたショック

中学生の時に妹に身長を抜かされてしまいました。

家族や親戚の中でも一番低く小学生までは後ろの方だったので中学もまだまだ伸びるだろうと思っていました。

両親はむしろ背は高い方だと思いますが中学生だった事もあり運動部でもあったため、どうにか高くなりたいと思っていました。

家族や親戚と周りが高身長な人が多かったのでそんなに低いとは思っていなかったのですが、それでもチビと言われどうにか160cm代には乗せたいと思っていました。

スポーツでもファッションなどでも背が高い方がかっこいいと思っていたのですが妹に越されてしまったのはかなりショックでした。

学校などで見れば決して小さいほうではありませんでしたが、やはり身内が集まると小さいとよく言われ悩んでいました。

過度な筋トレを減らした

私は運動部でそのほかにもスポーツが好きでした。

運動部では当然、筋トレなどがあったりしますが私は筋トレの回数をかなり減らしました。

若い時に筋肉をつけすぎると身長が伸びないと聞いたからです。

確かに女子器械体操の選手などは小柄な方が多いですし、学校でも筋トレが趣味と言っていた運動部の男子をみて背が低かったので筋トレのしすぎは身長が止まるんだなと思いました。

普段からかなり筋トレをする事が多かったのですが振り返ってみた時にスポーツを本格的にやり出した頃から伸びるペースが遅くなっていました。

その為、必要な筋肉は運動の中でつけるようにして過度な筋トレやそれ以外の筋肉に負荷がかかりやすいトレーニングはやらないようにしました。

筋トレを控えたら伸びました

筋トレを抑えめにしたところ、初めはあまり分からなかったのですが高校の三年間で一気に160cm代に乗りました。

今まで身体測定などでも数ミリずつだったのが数センチは必ず伸びているようになり、成長痛のような関節の痛みもよくありました。

やはり過度な筋力トレーニングが身長の伸びを止めていたように思います。

スポーツをしていれば伸びると思っていましたが成長期の時期に過度な負荷を筋肉にかけると筋肉はついても身長は伸びづらい事に早めに気がついて良かったです。

妹に抜かれ、周囲に言われなければ気づかないままだったと思います。

三年間、筋トレを控えめにした事でかなり伸びたので、もう少し早めに気がついていたらあともう少しは伸びたかなと思います。

↑ PAGE TOP

サイトマップ